不動産の権利部の登記は義務ではない

相続の登記に期限はありませんが、早めに手続きをすませたほうが良いです。

相続の期限はいつまで?
という質問をお受けしたことが幾たびかあります。

“不動産の権利部の登記は義務ではない”の詳細は »

帰ってくるお金について整理する

戻るべきお金は戻してもらいましょう。相続財産として計上はします。

相続が開始すると、還付されるお金もあります。
保険料の還付金などが該当します。


“帰ってくるお金について整理する”の詳細は »

相続のことが大きく話題になります

自分が亡くなった後の事を考える人が、日本でも大分ふえてきています。

少子高齢化がすすんだり、相続税制が変化した昨今、相続の事が大きく話題に上るようになりました。
一昔前とは事情がことなってきています。


“相続のことが大きく話題になります”の詳細は »

アルバムの整理はどうしていますか

写真の整理は意外と時間がかかるもの、でもいつまでもスマホ保管では寂しいです

最近のスマホのカメラは本当に綺麗に撮れて、
デジカメが要らないのではないかと思ってしまうほどです。
フィルムを現像するのを知っている世代としては、
あまりの気軽さゆえ、次々を撮ることに多少違和感を感じます。


“アルバムの整理はどうしていますか”の詳細は »

田舎の生活もいいのかも

主人の実家の生活を見ているとなかなか田舎の付き合いもいいものだと思えてきます

主人の実家は今は80歳を超える夫婦だけで生活をしています。

実は2年前についに義父は車の運転を免許書を返上しました。
田舎では車がないと本当に不便です。


“田舎の生活もいいのかも”の詳細は »

相続と確定申告はすごく関連が深い

相続で財産を引き継いだ際に、「確定申告は必要ですか?」と聞かれることがあります。 相続によって受け取った財産については、確定申告とは無関係なので、ご安心を!

今年も確定申告の季節が近づいてきました。
この季節になると、
ご相続のお手伝いをしているお客様からも、しばしば確定申告の質問をいただきます。
“相続と確定申告はすごく関連が深い”の詳細は »

特別受益の持ち戻しという制度を理解する

役所の税務課で被相続人名義の名寄せ帳というのを取得しますと、その役所管轄内で被相続人が所有していた不動産がすべて把握できます

相続分の計算では・・・・相続人に対する生前の贈与も相続分の前渡しとして勘定される。この贈与分や遺贈分を「特別受益」といいます。ただし特別受益となるのは以下の場合です。
“特別受益の持ち戻しという制度を理解する”の詳細は »

相続と不動産の評価は大事な要素です

相続人同士で話がつかない場合は 不動産鑑定士に依頼する方法もありますよ

相続の不動産の評価は・・・⇒ 建物土地になります。土地の一部として森林樹木などを財産としてみなすことが出来ますが特別な登記の手続きによって、土地とは切り離した財産とすることも可能です。
“相続と不動産の評価は大事な要素です”の詳細は »

節約のために相続の登記を自分でやる知識だ

自分でもできますが、相続登記は権利にかかわるものです。専門家に相談するほうがいいでしょう

不動産相続登記に必要なものは、以下の通りです。

●登記申請書●登記申請書の副本(申請書と同様のもの1通)
“節約のために相続の登記を自分でやる知識だ”の詳細は »